読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMI ミステリーワールド!

2016年12月4日から女ひとり、アメリカ国立公園より世界一周中! 各国で現地に溶け込み、現地のミステリーを発信!  また国ごとのおすすめスポット紹介や、個人ツアーを提案します!

                    スポンサードリンク                 

シャーマンと金の関係 コロンビア

世界一周ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村> 今日もよろしくお願いします!

 コロンビア

 

ボゴタに着いた私は今日、ミュージアムと夜景を見に行くんだ!

 

 

 

 

 

 

ゴールドミュージアム到着!

 f:id:mnakaji0526:20170303072803j:image

 


4200ペソ払って、なんかフリーツアーがあるらしいので参加!

f:id:mnakaji0526:20170303072825j:image

 

 

 

昼と午後に1日2回、英語とスペイン語があるよ。 私は16:00からの回に参加したよ!

 

 


ここゴールドミュージアムは、コロンビアがどうやってゴールドを使って生活していたか、またどうゆうものをゴールドで作ったか、装飾品が沢山飾られている。

f:id:mnakaji0526:20170303072907j:image

 

 


ガイドの彼が説明してくれる。


めっちゃ一生懸命だから、こっちも一生懸命聞く w


でもこのぶさかわシリーズが大好きで、ぶさかわ装飾品を見つけると

f:id:mnakaji0526:20170303072931j:image

 


止まって写真を撮る→

 

f:id:mnakaji0526:20170303073015j:image


ツアーに戻る→
話がよくわかんなくなる→
止まって写真撮る

f:id:mnakaji0526:20170303072955j:image

 

 


を繰り返してると、彼がシャーマンの話し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

今シャーマンと聞くと、人が薬を使って神と一体化し、邪念を取り除く宗教(?)のメインの人物というイメージがあるかと思うんだけど

 


(わからない人はGoogle先生に聞いて見てね!)

 

 

 

1930年頃、ゴールドを使って色々な装飾品を作り出したコロンビア人は、体につけるメダルを作り出す。

f:id:mnakaji0526:20170303073047j:image

 

 

ゴールドは非常に剥がれやすく、メダルを綺麗に作れた人の事を人々は「シャーマン」と呼ぶようになった。

 

 

 


その時代、シャーマンは何人も存在してそのうちに人々はシャーマンをリーダーのように振る舞い、シャーマンの指示を聞いていく。

 

 

 

そのうちシャーマンは権力を持つようになり、小さなコミュニティを作っていった。

 

 

 

ただ、シャーマンは固定されず、ゴールドを使い綺麗な装飾品を作った別の者が出ると昨日までシャーマンだった彼は今日からはシャーマンではいられない。

 

シャーマン自体は固定されていなかった。

 

 

 


そこで、シャーマンはリーダーで居続けるために南米で高山病などに役立つコカなどを使って薬をつくり、人々を取り込んで行く。

 

 

 


要は、脳を麻痺させ、自分がリーダーでい続ける事を考えたらしい。

 

そして現代のシャーマンがいる。

 

 

 

元々知っていたシャーマンがここで繋がるなんて、歴史ってやっぱり面白いな。

 

 

 

 

ゴールドミュージアムの後はケーブルカーで丘へ!

 

 

f:id:mnakaji0526:20170303073231j:image

 

ちょうど夕暮れになって来た!
そして超寒い〜。

 

でもでも見てー!

 f:id:mnakaji0526:20170303073516j:image


綺麗すぎ!

 

 だんだん暗くなっていくのねー。

f:id:mnakaji0526:20170303073546j:image

 

 

 私が撮ったと思えないほど!

 

 

16:00から登ってちょうどよかったよー!

 

時間があったら行って見てね♩

 

 

Monserrate 

モンセラートの丘 だよー!

 

 

明日はペルーに移動!

 

 

 

今日もありがとうございます:)

 

応援クリックお願いします:)

 

ご質問、メッセージはこちらまで mimiworldjourney@gmail.com