読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMI ミステリーワールド!

2016年12月4日から女ひとり、アメリカ国立公園より世界一周中! 各国で現地に溶け込み、現地のミステリーを発信!  また国ごとのおすすめスポット紹介や、個人ツアーを提案します!

                    スポンサードリンク                 

コロンビア到着!コロンビアの薬事情。

世界一周ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村> 今日もよろしくお願いします!

コロンビア

100円=2559ペソ
(もう計算しにくくてしょうがなかった笑)

 

 


喉が死ぬほど痛い+高熱が続く中、ロキソニンで無理やり熱を下げて、エルサルバドルから飛行機でコロンビアに向かった私。


首都のボゴタに到着!

 

 

 

ここからメデジンに飛行機の乗り継ぎがある。

でもここボゴタでイミグレを通過しなきゃいけない。 乗り継ぎは2時間。

 

f:id:mnakaji0526:20170221211957j:image

 


でもものすごーっく並んでるから一応アビアンカ(航空会社) のスタッフに伝える。

「大丈夫よ!兎に角行ってみて!」

OK。 本当かな?

 

 

 

並ぶ事1時間10分。 流石にもう待てない。

 

 


隣にいた人(スペイン語が話せる)と前の人達にお願いして前に行かせてもらい、イミグレをパスし、走る!! (本当熱下がっててよかった。)

 

 


ゲートに着くと、

 

 

まさかのもうすでにクローズ!!!


まじかー泣

 

だから聞いたのにー!!

 

 

 

 

 

その旨をアビアンカスタッフに伝えると、違うカウンターに行って的な事を言われて違うカウンターへ。

 

 

再度、「アビアンカスタッフに事前に間に合わない事を伝えたんだけど、次のフライトに変えてもらえるよね?」

 

 

 


スタッフ

「うーん。でも、何人かは間に合ってるわ。プラスで払ってもらえれば、変えれるわよ。」

 

「いやいや。間に合ってない人もいるでしょ?私だけじゃないはず!スタッフに先に言ったのになにもしてくれなかったのに、それはフェアじゃないんじゃない?」

 

 

 


っと言いながら、もう声も出ないくらい枯れてきて、めちゃくちゃ具合い悪くなってきた。。

 

 

 

 


「今、具合い悪くて、今日メデジンの病院に行かないといけないの。なんとかならない?」

 


スタッフ
「兎に角、あそこのイスに座ってて?」

 

 

 


イスに横たわる、私。

 

もう具合い悪過ぎ+喉が痛過ぎて涙出てきた。

 

 

 

 


スタッフ「ねーあなた大丈夫なの?」

私 「大丈夫じゃないけど、なにもできないー。ありがとう。大丈夫よ!」

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

------何分か後-------

 

 

 

 

トントン

 

肩を叩かれた。

 

起きると空港ドクターが来てくれてた。

 

 


えー。

ドクター
「大丈夫?どこが痛い?」

 

 


「私、お金ないので、診てもらえないです。」


ドクター
「大丈夫!フリーよ!」

 

 


「そうなの?涙 ありがとうございます。」

 

 

ドクター
「どこ出身?どこに行くの?どこに行った?どんな症状?」

 

 

 


っと聞かれている間に血圧を図られる。

(この時、もう声がほどんど出てないし、頭がぼーっとして英語も全然話せてない...)

 

 

 

 

ドクター
「この薬を飲みなさい。あとは病院に行って診てもらうのよ?」

 

 

私「はい。ありがとうございます。」

 

 


ビアンカスタッフ
「これチケットよ。21:45までにこのゲートに行ってね?OK?」

 

 


「ありがとう。」

 

 

 

みんな優しくしてくれて、また泣きそうになる。

f:id:mnakaji0526:20170221212144j:image

 


無事、メデジン行きの飛行機に乗り、メデジンに到着。

 

 

このまま病院へ。
この時のブログはこちら

 

ホステルに着いたのは、夜中の2時くらい。事前に「絶対行くからベッド空けといて」と連絡しておいたので、スタッフが待っててくれた。

 

 

 


病院に行ったものの、肝心の症状は何かわからず、「もう重い時は過ぎているから薬を5日間飲んでね!」

 


なんて言われたけど、肝心の薬はデリバリーしてくれるらしい。

薬のデリバリーサービス!

 

 


ホステルスタッフに

 


「お願いがあるんだけど、私スペイン語が話せないの。薬をデリバリーして貰いたいんだけど、電話して貰える?」

 

f:id:mnakaji0526:20170221212231j:image


スタッフ「もちろんだよ! 部屋で待ってて大丈夫だよ。来たら起こしに行くね?」


優し過ぎません?夜中2時過ぎだよ?


「グラシアス」

 

 


そして薬、到着!


本当に薬のデリバリーサービスあったんだ苦笑

お金を払って、薬を飲んで今日は寝よう。

f:id:mnakaji0526:20170221212312j:image

 

 

ーーー翌日ーーー


まだ全然、喉痛い。
唾を飲み込むのも辛い。


今日はゆっくりホステルにいよう。

 

 

 

ここ
ENSO hostelは

f:id:mnakaji0526:20170221212409j:image

プライベートルームから、12人ドミまで選べる。

Wifi完璧!

シャワー たまに水しか出ない。
スタッフ 最高!

場所はエスタディオ駅から歩いて5分。

値段3泊で68100ペソ

 

f:id:mnakaji0526:20170221212427j:image

f:id:mnakaji0526:20170221212714j:image

 

 


ゆっくりして、ちゃんと薬飲んでたらちょーーっとだけ体は大丈夫になって来た。


明日はみんながオススメのグアタペに行ってみようかな?

 

 

 

 

 


今日もありがとうございます。

世界一周の応援クリックお願いします!!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ご質問、メッセージはこちらまで mimiworldjourney@gmail.com